April 18, 2020

January 5, 2020

December 26, 2019

December 7, 2019

October 11, 2019

August 19, 2019

August 5, 2019

Please reload

最新記事

オーダースーツ業界って実際どう?

June 13, 2017

これからオーダースーツ業界に飛び込もうという方の大半が、テーラーという響きで匠の技術や店内に山積みにされた生地と、経験豊富な年配の方が多い老舗のお店を想像する方が多いかと思います。

 

これは応募書類に目を通していて、ヒシヒシと感じています。

 

諸先輩に比べて若輩な私も簡易的なパターンオーダーからフルオーダーを含めて、オーダースーツにまだ13年ほどしか携わっていませんが、最初はそう思っていました。

 

 

実際には店舗を持たないで頑張っている外販専門の20代の方なんかは星の数ほどいるようですし、テーラーと呼ばれるイメージしやすい老舗といっても本当に歴史がありクラフツマンなお店もあれば、実は現場経験もない●代目とほぼ未経験者の集まりだったりします。

 

また、未経験者の方にうまく実習制度をもうけて多店舗経営されている立派な●代目の社長さんもいらっしゃいます。

 

インターネット検索やSNSでは検索しても出てこないけれど、若手でクラフトマンな姿勢を貫いているお店も一杯あります。

 

同様に弊社も頑張りたいと思う今日この頃ですので、見かけだけの企業イメージではなく心底ファッションやライフスタイルに興味がある方と働きたいと思っています。

 

つまり未経験者の方にもチャンスはあります。

最初は皆さん未経験からのスタートなので、姿勢と根幹の部分があればokだと思っています。

 

 

3年前くらいまでは飲みの席でのすべらない話でしたが、私がサラリーマン時代に勤めていた会社では責任者は一番遅く出社し一番早く帰っていましたし、仕事全般ですが重要な採寸でも責任者が一番ミスが多いような状態に身を置いていた事もあります。

 

本人が認識すらしていない上司の失敗をなすり付けられた時の悲惨な従業員の気持ちも分かります。

 

そんな環境でも自分のやる気次第でどうとでもなります。

ひとのせいにするなら自分でやる。

 

なので、自分の会社の従業員にはそんな想いはさせない事を腹に決めています。

必要な智識と経験の下積み。就労における補償や残業や公休に賞与。

 

実務経験に基づいた業務にあたる習得方法を順を追って教えています。

 

 

小さな企業であれば責任者が誰よりも働く姿勢を見せる事が、働き手を本気にさせられると思っています。

 

 

どれが良い悪いではないですが、企業のあり方や見え方もそうですし仕事の仕方や実情は1から10まで一般消費者の方からは見えません。

 

私はその見えない部分にどれだけ力を込めて仕事が出来るかが大事だと思っています。

 

これから弊社へ入社頂く可能性がある方にもお伝えしておきたいのですが、憧れやイメージだけで安易にオーダーメイドの仕事に携わろうとすると失敗するという事があります。

 

大前提としてファッションやカルチャーが本当に好きかどうか。

これは弊社へお越しになるお客様からの御意見でもあり同感です。

 

いきなり会社に入社して内情も把握しないまま「この会社好きです」はありえないので「この仕事好きです」が最初は正しい労使関係のマッチングだと思います。

 

 

テーラー業界で代々続いていて今なお現役で様々な取引企業からレジェンドと呼ばれているお店は数少ないのですが、そういったお店は本当に独自性が素晴らしく少人数体制で研鑽されたお仕事をなさっています。

 

 

私が関わりのあった企業はそういった企業もありましたが、残念な事に絵に書いたような状態の企業もありました。

 

 

同業他社でも創業系のお店を見てみると、思い入れの強さやこだわりが良くも悪くも強いのが一般的だと思います。

 

弊社も同様です。

 

これは0から創業する時に事業計画や店舗選びに内装備品のセッティングや取引先の開拓など無い場所からすべてが生まれていく喜びや苦労を直接見ているからです。

また、スタートから好条件での取引が出来ない事がほとんどですし、手元のお金がない上に金銭周りの事は信用が無いので最初は本当に苦労します。

 

 

LIFESTYLEORDERはオープン前の6ヶ月前にはネット検索での限界を感じて、出店予定エリアの地域を歩いて調査し、現在の目黒本店と巡り会いました。

 

お店の屋号や事業内容は随分前から決まっていました。

 

事業を行っていくとお客様や取引先からの情報も入るのでよくよく分かるのですが、競合という概念で常に営業している企業は商品や販促に関してもどうしても物まねばかりをしているので、オリジナリティや想像力にかける事で面白みがなくなっているように思えます。

 

私の場合はある特定の数値評価で競合ではなくあくまでも同業であると判断し精査しています。

 

大切なのは企業としてお店として根幹が備わっているかどうか。

お客様が本当に満足される仕事かどうか。

 

やる気がある方とお仕事がしたいので、最近思った事を書いておきます。

 

ファニーな仕事をしたい方のご応募を改めてお待ちしています。

 

最近は珈琲、料理、カジュアルの私服作りにはまっている店主でした。

 

 

代表 野間

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<応募先>

153-0064

目黒区下目黒1-1-10

株式会社odd (カブシキガイシャオッド)

 

tel : 03-6869-0401 (LifeStyleOrder)

mail : info@lifestyleroder.com 

採用担当 宛

 

 

Tags:

Please reload

Please reload

アーカイブ

LIFE STYLE ORDER© | Privacy Policy All rights reserved.